銀行系カードローンと銀行カードローンの違いは?

銀行系カードローンと銀行カードローンは一字の違いですが、大きな違いがあるのです。
銀行カードローンはその名の通り、銀行が発行するカードローンとなります。

 

たくさんの銀行がありますが、それぞれ少なくとも一つ以上のカードローンを扱っていることが多いですね。
金利や限度額、借入と返済の方法など、違いが大きいこともあり、申し込み前に比較して最適なカードローンを選ぶことになります。

 

もう一方の銀行系カードローンとは、正確には銀行系消費者金融カードローンということになります。
銀行グループに属している消費者金融が発行するカードローンです。

 

申し込みや利用は、どちらのカードローンもほとんど同じと考えてよいでしょう。
申し込みは、インターネットや店舗で直接、さらに自動契約機など様々な方法があります。

 

銀行、銀行系に関わらず色々な申し込み方法ができるカードローンもあれば、限定されているものも見つかりますね。
これは、自分が申し込みしやすい方法で選ぶことが肝心です。

 

このように大変似通っているのですが、銀行カードローンと銀行系カードローンでは規制を受けている法律が違っています
銀行カードローンは銀行法ですが、銀行系カードローンは貸金業法の規制を受けているのです。

 

そのため、銀行系カードローンは、本人収入がないと申し込みができませんし、借入できる額も総量規制で決まっています。
申し込みの前に、自分のカードローン利用計画や、どのカードローンなら申し込み条件を満たしているのかなどを確認しておきましょう。

 

その後金利や限度額などを比較するようにすればよいのです。