銀行のフリーローンはカードローンと違う?

銀行のフリーローンとカードローン、違いがあるのでしょうか。
銀行フリーローンは、他目的ローンという表記がされていることもあります。

 

カードローンも借入目的を、自分で決められるものが多いですよね。
具体的に違いがあるのかどうか、またどちらを選ぶのがよいのか、考えておきたいところです。

 

まず大きな違いは、フリーローンは最初に利用額を決めておき、その後は返済のみとなります。
カードローンでは、限度額や極度額を決めてその範囲内なら再度借入することも可能です。

 

そのため、カードローンではカードが発行される、またはキャッシュカードで借入することもできるというものが多いですね。

 

気になる金利は、いずれも低金利のものが見つかります
カードローンでは原則担保なしのものが中心ですが、フリーローンなら担保ありのものもあるのです。

 

担保ありのフリーローンは、さらに低金利や大きな限度額での利用が可能になります。
これも必要額によって最適のローンを選ぶことになるでしょう。

 

借入目的が明確になっている、まとまった金額が必要、追加借入してしまいそうになるので返済のみの利用がよい、こういったケースではフリーローンの利用が向いているでしょう。
お給料日前のピンチに備えたい、お財布や口座代わりの安心感が欲しい、こんな場合ならカードローンの利用がよいですね。

 

もちろん申し込み時に店舗に行かないといけない、銀行口座開設が必要かそうでないか、など利用するにあたってどのような条件になっているかも、それぞれのローンでの違いを確認しないといけません。