銀行ローンなら絶対金利は低い??

銀行ローンの金利はすべて低い、絶対に金利は低いと決めてしまわないほうがよいのです。
銀行ローン、特にカードローンでは金利の幅があります。

 

金利の幅とは、たとえば7.0%〜15.8%や3.0%〜18.0%といったように表記されているのです。
この場合どちらが低金利とはっきりと比較するのは難しくなります。

 

15.8%と18.0%では明らかに15.8%のほうが低いということはわかるでしょう。
しかし、最低金利のほうを見てみると、最高金利が高いほうが3.0%と低くなっています。

 

カードローンは利用していくうちに限度額増額が可能になり、金利が下がることが多いのです。
そのため、最低金利が低いローンを選んでおいたほうが、最終的には低い金利となるかもしれません

 

銀行ローンなら金利が低いものが見つかりやすいというのは、ローンを検索していると実感できるものでしょう。
しかし、ローンの選び方でさらに低い金利で利用できることもあるのです。

 

少しでも低金利ローンを選んでおくことは、返済総額を減らす上でも重要なこととなるでしょう。

 

ただし、金利は銀行側が審査によって決めるものです。
希望していた通りの金利にはならないかもしれません。

 

そのローンに初めて申し込みをした時は、おおむね最高金利から設定されることが多いのです。
返済シミュレーションや利息計算は、最高金利で行っておきましょう。

 

銀行カードローンはネット銀行を中心にとても低金利のものが増えています。
しっかり比較して、少しでも低い金利のカードローンを選びましょう。